旅好きブログ

旅行、本。いろいろ。

福岡博多座魔界転生の感想

博多座で 公開中の魔界転生

知り合いからチケットをいただいたので、観てきました。

チケットを取ったのが直前だったので、席は二階席の端っこです。あまり良い席ではありませんが、頂き物なので…。

f:id:ayaturikun:20181020100528j:plainf:id:ayaturikun:20181020100629j:plain

 

前編後編の約4時間。濃い時間でした。

さっそく以下に感想を。

 

感想

キャスト

あまり芸能人には詳しくない私でも、知ってる有名人多数。

松平健溝端淳平……など。

豪華キャストです。

やはりみなさん、舞台映えする素敵な声ですね。

遠くからの席では、表情までは分かりませんでしたが、声の素敵さにしびれました。

役者さんって、すごい!って再確認。

 

演出

プロジェクトマッピングを多用し、場面変更やストーリーを理解しやしくする工夫がされていた。

だけど、あまり活用しすぎると、映画でよくないか?

と思ってしまう。今作においては、ちょうど良い按配。

 

溝端淳平のワイヤーアクションについて。

アクションってほどではない。宙に吊らされている感満載。揺れてたりして、不安定。

申し訳程度のワイヤーアクションでした。ワイヤーアクションなくてよかったのでは?というレベル。

 

あと、二階席だったので、一階席舞台下にいるキャストが見えにくくて、ところどころ誰と話してるんだ? 状態でした。

舞台前の席は、役者さんに近い分、値段も高くなっているのはわかりますが、最低限、どの席からでも、ストーリーが最低限伝わる設計にしてほしい。

 

 

ストーリー 

ギャグをところどころに挟んでいて、楽しめる。ご当地ネタもあった。

しかし、キャラ数が多いので、キャラを覚えるのに一苦労。

ようやく名前とキャラを覚えた!というころには、その人が死んだり…と。

とにかく、登場人物、しかもサブではない主要な登場人物が多い!

魔界転生グループと柳生一門。

主要メンバーだけで、10人以上になる。

人数が多いため、一人一人の背景の掘り下げも浅くなってしまう。

いきなりこれこれでーと説明されても、あ、はい、そうですか。というか、死亡フラグ?(察し)

前作 の 『真田十勇士』 と続いている部分もあって、まったく歴史に詳しくないと厳しいと思います。

 原作小説とストーリーは違うみたいだけど、先に小説を読んで勉強しておけばよかったと後悔。

原作の山田風太郎小説はこちら。

 

まとめ

総合評価としては、70点。

キャストも豪華だし、アクションも良かったけれど、ストーリーがやや複雑でした。

見ようと思っている人は、キャラと名前を頭に入れてから見たほうが良いと思います。

原作小説とは、ストーリーは違うみたいですが、小説を読んでいたら、キャラ名前や性格、背景もわかって、面白さは倍増だと思います。f:id:ayaturikun:20181020100201j:plain

チケットの購入はこちらから。