旅好きブログ

旅行、本。いろいろ。

胃カメラ、鼻から入れるか? 口から入れるか?

『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』

みたいなタイトルなのは置いといて(笑)。

 

この前、人生初の人間ドックに行って、これまた人生初の胃カメラをする機会がありました。

  

私が行った病院では、

・鼻からの検査(鎮静剤使用なし)

意識がある状態で、検査中会話ができる。自分の胃の映像を、検査しながら見ることができる

・口からの検査(鎮静剤使用)

眠くなる注射を打って、頭がぼーっとした状態でできる。痛みがない。

 

ズバリ、私は口から入れる胃カメラを選びました。

痛みがないのが、やっぱり良いですね。

以下、口から入れる胃カメラ検査について、レポートしたいと思います。

f:id:ayaturikun:20171021192113p:plain

 

胃カメラの流れ

・前日は9時から絶食。飲み物もダメ

夜食を食べたいのを我慢。空腹に耐えるため、早めに寝ました。

・当日、胃を綺麗にする薬?を飲む。

小さい紙コップ一杯分の謎の液体。

これが、超絶まずい!!

今まで飲んだ飲み物の中で、一番まずかったです。

看護師さんからは、「一気に飲んでください」と言われたけれど、そんなの無理!

胃が拒絶反応を起こすレベルのまずさ。

味としては、片栗粉を混ぜたポカリスエット。みたいな味。ぬめぬめした食感です。

「おえっ。おえっ」

と言いながら、チビチビ飲みました。

ですが、胃カメラを受けにきているまわりのおじさまたちを見たら、みなさん平気に一気に飲んでいました。

すごい。

これが年の光明ってやつ!?

それとも、私が大げさなだけ?

個人的には一番まずいと思ったけれど、バリウム飲んだことある人はバリウムの方がまずいらしい。

胃の薬でこれだけおえおえなっているのならば、バリウム飲んだらどうなるんだろう。一生バリウムは飲まないと誓いました。

・喉の麻酔スプレーをする

 顔を上にして口を開けて、麻酔スプレーをされました。

これも、まずい。しかも、苦しい。「おえっ」となります。

 ・ベッドに移動して、鎮静剤を注射をする

頭がぼーっとする注射します。注射は苦手なので、目を閉じていると・・・。

 

記憶がないうちに終わってた!

注射をした後からの記憶がない。

気づいた時には、違うベッドで横になって、胃カメラも終わっていました。

いつベッドに移動したのか、いつ眠ったのかすら分からない。

眠くなるってレベルじゃねーぞ!!

本当に胃カメラをした記憶がない。

看護師さん曰く、1時間眠っていたらしいですが。睡眠導入注射ってすごいですね。。

あれに争える人っているのでしょうか。

 

 

まとめ

こうして私の人生初の胃カメラは、いつの間にか終わっていました。

苦しいのは最初に飲む、胃を綺麗にする液体くらい。

初めての胃カメラでしたが、これなら何回受けてもいいも。痛くないし。

胃だけかな、と思ったら十二指腸まで撮っていたらしい。「きれいですね」と言われました。

最近の技術ってすごいですね。